【第1回】これで「売れる」販売員に大変身!モニターさんの声

Pocket

「お客様に声をかけるのが苦手」

「おすすめしてもお客様の反応が薄い」

「なかなか売上が上がらない」

など販売をお仕事とされている方々のお悩みは尽きないもの。どうしたら「売れる」販売員になれるのでしょうか。

今回は『わかる!! できる!! 売れる!! 販売員の教科書』を実際に販売をお仕事とされている方々にモニターとしてお読み頂き、現場で実践して頂きました!さて、さてそのご感想は……?!

『わかる!! できる!! 売れる!! 販売員の教科書』(鈴木比砂江著)

著者は、3万人以上の販売員を「売れる」「感謝される」販売員に育てた、元ルイ・ヴィトンのトップ販売員、鈴木比砂江さん。売上もリピーターも増える全技術をまとめた一冊となっております。本書を読めば「売れる」販売員に大変身するはず!

接客に自信をなくし、スランプに。
(アンテナショップ販売員Aさん。40代・女性)

販売員として悩んでいる点:アプローチ、クロージング。

実は、自分の接客に自信を無くして、スランプに陥っていた時期がありました。そんな中、比砂江先生の本に出会い、私の販売スタイルが明るくなり、今は前向きに販売を続けています。比砂江先生の本を読むのは今回、「販売員の教科書」で、3冊目になります。

この本の凄い所は自分の販売スタイルを変えずに少しアプローチを変えるだけで、お客さまの反応が変わり、売り上げに繋がったこと。質問の仕方やニーズの聞き方など、分かりやすく書かれているので、とても実践しやすいです。

クロージングも、 商品の使い方を具体的に3つ例を上げて、お客さまに伝えると未来のイメージが浮かびやすく購入に繋がりました。売り上げも大切ですが、パート6の販売員としての心構えでは、プロ意識やモチベーションを高める事が書かれているので、気落ちしやすい私には、すごい参考になりました。

この本は、私の販売人生に手放せなくなるものになりそうです。比砂江先生に感謝!ありがとうございました。

1ヵ月で、ぶっちぎりの1番に。お客様の反応が全く変わった。
(ショップ店員Tさん。40代・女性)

販売員として悩んでいる点:決定率、クロスセリング値を上げる事。部下の育成。

基本ゆえにベテランが見過ごしがちな大事なポイントを凝縮して頂き、初心にかえる事ができました。当たり前に出来ていると思っていたひとつひとつを改めて心掛けて取り組む事で、自分でもびっくりするくらいお客様の反応が違う事があり、考えさせられています。

心掛けた一ヶ月、低迷していたクロスセリング値、今年に入ってぶっちぎり1番の記録でした!個人的には、メルマガの接客時のフレーズが、使えるものばかりで、次回はぜひそちらを書籍化お願いします。

自分の苦手なところをピックアップ。ポイントがわかりやすい。
(百貨店店員Sさん。20代・女性)

販売員として悩んでいる点:アプローチ、「私」から買ってもらうにはどうしたらいいのか。

販売員としてのすごく基本的なところから、1ページにつきひとつずつポイントが書かれているのですごく分かりやすかったです。

売れないときの対処法など、他の接客の本ではあまり書かれていませんが、モチベーションの保ち方などなかなか難しいところがあるので、読んでみてなるほど!と思いました。

接客の目標設定ってすごくしづらいと私は感じていたのですが、この本があれば自分の苦手なところをピックアップして、一項目ずつ取り上げていくことができるなと思いました。また、この書籍のパート2や、発展版のようなものがあれば読んでみたいです。

(本文では、頂いたご感想をそのまま掲載させていただきました。)

――――――――

モニターの皆様、ありがとうございました!
アプローチやクロスセリングなど販売をお仕事とされている方々のお悩みはさまざま。本書ではまず「売れる」「感謝される」販売員になるための基本から、売上アップ近道の秘訣など分かりやすく、丁寧に書かれています。次回はアウトレットやチェーン店で販売員として活躍されている方のご感想をお聞きしたいと思います。どうぞお楽しみに!!

――【第2回】はこちら

★すばる舎の「1THEME × 1MINUTES お店シリーズ!」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です