小学校前の3年間にできること、してあげたいこと


「小学校前の3年間にできること、してあげたいこと」
著者:祖川泰治
出版年月日:2015年11月27日刊
ISBN:9784799104538
定価:本体1,400円+税

子どもが4~5歳になってくると、「小学校前に何を身につけておくべき?」と悩む親御さんも多いものです。

実際に、この年代は土台をつくる大切な時期。脳と身体が飛躍的に伸びる大チャンスでもあります。


幼児教育について、焦ることは全然ありません。

ただ、小学校前の3年間が”大きなチャンス”であるのは確かです。

普通にしていても、たくさんのことを吸収するのですから、もしそこにプラスアルファがあったら、

どれほど大きく伸びていくでしょうか。(中省略)

もちろん、やらせすぎは禁物ですが、日々の生活や遊びの中に知育の要素を加えたら、砂地に水がしみ込むように

吸収するでしょう。これまでの何倍も幅を広げ、成長していきます。(本文より抜粋)


徳島で幼児教育センターを30年以上経営し、のべ1万2000人を教えた著者が、親だからできる、幼児期を最大限有意義に過ごさせてあげる方法満載です。

【読者の声】
・本も読みやすく、内容も思っていた内容でとてもよかったです。(ペンネーム:匿名希望様)

・私は祖母です。3男坊に3歳の孫とかかわっています。第1章~6章までの項目が分かりやすく読みやすい(ペンネーム:匿名希望様)

・全てに納得がいきました。これから娘と実践するのが楽しみです。(ペンネーム:匿名希望様)

・子ども二人を保育園に通わせ、習い事もしていません。学ぶということ体力づくりをどう関わっていくか悩んでいたところでした。すべての項目にとても納得しました。いえの中でも十分に子どもをのばすことができると自信がつきました(ペンネーム:匿名希望様)

・2色刷で文章は優しく読みやすい。参考になった(ペンネーム:田名部清一様)

・家庭ですぐにできることばかりで、しかも親であるからこそ気付いてあげられるのでは?と思うことが多く役に立ちました(ペンネーム:匿名希望様)

【目次】

第1章 小学校前の今だからこそできること
第2章 「国語力の土台」をつくる
第3章 「算数力の土台」をつくる
第4章 「身体の基礎」をつくる
第5章 「好奇心の芽」を育てる
第6章 入学前に身につけたい「良い」習慣


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です