型くずれしない おにぎらずの作り方


ごはんをにぎらず、サンドイッチのように具材を挟む「おにぎらず」。
たっぷりと具材を入れることができるため、ごはんとおかずが一緒になったような満足感が得られます!

今回切り口が鮮やかで、しかも型くずれがしないおにぎらずの作り方をご紹介します。

キンパ風おにぎらず

【材料】
ごはん……適量
海苔……1枚
そぼろ、にんじんナムル、ほうれん草ナムル……適量
(残ったビビンバの具材など)

【作り方】
1 ラップをしいて、その上に海苔、半量のごはんをのせて塩をふる。お好みの具材を順にのせる。
2 具材の上に、残りのごはんをのせる。
3 4つの角を中央に集めながら海苔で包む。ごはんに海苔が馴染むようラップに包んで5分程置いてから切る。

ポイント
具材は、切る方向を意識して並べること。

動画はこちら!

こちらの書籍を参考!

『毎日食べたい 混ぜごはん』
秋元 薫 著

出版年月日:2017年07月28日刊
ISBN:9784799106297
定価:本体1,300円+税

内容

おかずいらずの豪華ごはん料理をとことんご紹介!
和食、洋食、中華、エスニック…さまざまなジャンルの166のレシピが大集合!
「混ぜごはん」の魅力は、何と言っても一品で満足度が高いこと。とくに、丼や炒飯などは、それ以外におかずを作らなくても、お腹も心も満たされるから不思議。
さらに、特別な道具や食材がなくても、作る量が少なくても、おひとり様、おふたり様、ご家族…みんなが笑顔で楽しめるのも混ぜごはんの魅力です!
本書で紹介する混ぜごはんは、炊飯器ひとつで、フライパンひとつで、つくりおきして混ぜるだけ、ひとつのお皿に盛り付けるだけ、さらにはお弁当も一緒に作れる、などなど良いことがいっぱい!また、不足しがちな野菜もたっぷりとれる混ぜごはんレシピも盛りだくさん!
和食、洋食、中華、エスニック、肉、魚、野菜…、毎日「混ぜごはん」でも飽きない、さまざまな種類のレシピが載っています。本書を読めば、自分の好きな「混ぜごはん」に出会えるはず!

目次

手軽においしい! のっけ丼(卵かけごはん、ベーコンアボカド丼、きじ丼、ロコモコ…)
旨みが染み込んだ 炊き込みごはん(青豆ごはん/大根めし/鶏五目ごはん/炊き込みパエリア…)
つくりおきできる! 混ぜごはんの素(豚そぼろごはん//ピリ辛もやしごはん/手作りふりかけ…)
フライパンひとつで 炒めごはん(レタス炒飯/キムチ炒飯/あんかけ炒飯/えびピラフ…)
心もほっこり温まる 雑炊とおかゆ(鶏雑炊/トマト雑炊/ねぎたまかゆ/七草かゆ…)
体の奥からデトックス 玄米と雑穀ごはん(玄米豆腐カレー/玄米巻き寿司//雑穀ビビンバ…)
やっぱり外せない! おにぎりとおにぎらず(定番具材、新提案具材、焼きおにぎり…)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です