小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと (中根克明著)


各所で絶賛の嵐!オンライン教育の重鎮によるベスト&ロングセラー『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』、待望の続編。

書籍
小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと

 

ISBN:9784799108826
定価:本体1,400円+税

 

ご購入はこちら

内容

各所で絶賛の嵐!オンライン教育の重鎮によるベスト&ロングセラー『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』、待望の続編。
一般に、親が介入できるのは小3くらいまでと言われる。高学年となる小4以降、10歳のギャングエイジからは、親より友達になって、親の言うことなど聞かなくなる。だからこそ、10歳までのしつけが重要なのだと…。
しかし、親のしつけが重要になってくるのは、むしろこれから。いよいよ言葉が通じるようになり、世の中の理を教えられるレベルになってきた。だからこそ、悪さもするし、嘘もつくようになる。もう力尽くでは押さえられない。ここでしっかり子供と対話していくことで、中学で本格的に思春期が始まってからも、子供が自分を失わず、親子の信頼関係を結んだままでいられる。
中学受験との向き合い方など、勉強についても余さず網羅。この時期におすすめの本59冊もカラーで紹介。中学校前の小4・小5・小6の過ごし方で将来が決まる!

目次

第1章 小4・小5・小6の過ごし方が未来を決める
第2章 高学年も家庭学習で学力を伸ばす
第3章 10歳からさせたいこと、教えたいこと
第4章 友達関係と学校のこと
第5章 中学校以降は自立をめざして

新刊やブログの更新情報をお届けします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です