将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!


「将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!」
出版年月日:2014年12月22日刊
ISBN:9784799103944
定価:本体1,400円+税

東大生の多くが幼少期、絵本の読み聞かせをたくさんしてもらっていた――。

読解力は学力の基盤であり、それを培うのが読書。地頭が作られる10歳くらいまでに、どれだけの本を読んだか。

読んでもらったか。幼少期の読書体験がその後の学力に大きく影響を及ぼす。

効果的な読み聞かせの方法、どういう本が良いのか、どうしたら子どもが本好きになるのか。

また、本を読むことがどれだけ国語力ひいては学力全体を伸ばすことになるのか……。

「受験のプロ」として、読書の大切さをおりにふれ力説する著者が、具体的に解説します。〈読むだけで頭が良くなる〉厳選本145冊も紹介!

【目次】

第1章 「読書量」で子どもの学力は決まります!
第2章 10歳まで徹底的にしてあげたい「読み聞かせ」
第3章 本を読まずにはいられない「環境」をつくる
第4章 自分からどんどん読書する子になる方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です