つまずきやすいところが絶対つまずかない!小学校6年間の計算の教え方


計算にはたいていの子がつまずくポイントがある。それは小1の段階からすでにある。たとえば8+6のような繰り上がりだったり。さらに学年が上がれば、2ケタの計算や余りのある割り算など、難所はたくさん。しかし、それをどう教えてあげたらいいか、親も悩む。結果、学校と変わらない方法で教え、子どもはわからない、おもしろくない…。
プロ家庭教師の経験から、子どもがつまずくポイントを知り尽くしている安浪先生。どう教えれば、本当にわかるのか。算数が楽しいと思えるようになるのか。その方法をイチから伝授します。「こう教えればいいのか!」と目から鱗、続出。

つまずきやすいところが絶対つまずかない!小学校6年間の計算の教え方 (安浪京子 著)

【目次】

整数の計算
分数の計算
小数の計算
四則混合計算


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です