顔色が冴えないときに抜群の効果を出す「ハイライト」。最強メイクの錯覚テクニックとは?


30代後半になってくると、しみやシワ、乾燥など肌の悩みが増えてきます。また肌がくすんで「あれ? 顔色が悪い?」と鏡を見てがっかりすることも……。

しかし、メイクや肌のお手入れ方法を少し変えるだけで、こうしたエイジングの悩みが解消されるとか。

メイクアップアーティストとして活躍している佐々木貞江さんの著書『38歳からしたいメイク』からふだんのメイクにちょっと加える最強の「錯覚テクニック」をご紹介します。

ぼんやり顔の味方、ハイライト


(右から:rms beauty ルミナイザー5ml/アルファネット、マット ラディアンス ベイクドパウダー ハイライト01/ローラ メルシエ)

肌を明るく見せる光の役割のハイライトは、顔色が冴えないときに抜群の効果を発揮します。一般的には目尻を囲むCゾーンやTゾーンにのせると効果的と言われていますが、佐々木さんによるとふだんは頰周りだけで十分だそう。

基本の入れかたとしては、チークの上に被せるようにして、頬骨にビーンズ型になじませましょう。チークの上にヴェールをかけるイメージで、こめかみあたりまで「C」を描くのがポイントです。

頬骨部分がツヤっとすると、顔全体がふっくら見えるので、若返り効果もばっちり。エイジングが気になる方の強い味方になってくれます!

フェイスラインを引き締めるシェーディング

年齢と共に緩んでくるのがフェイスライン。私も「どこからが顔で、どこからが首?」と言われるんじゃないかと思うくらい緩んでいます。そのフェイスラインを引き締めて見せてくれるのがシェーディング。

私はこのアイテムは難しそうで、手を出したことがありませんでした。佐々木さんによると使い方は意外と簡単で、顔周りのUゾーンに沿ってなじませるのが基本だとか!

パウダーをブラシに取り、1〜2往復。幅広く入れるのがポイント。このときあごの下は塗り忘れをしやすいので注意をすること。顔周りのUゾーンのほか、目と目の間の鼻筋にうっすら影を入れると、鼻筋をシュッと通して見せることもできます。

いかがでしょうか? 本書にはすぐに試せる内容がたくさん掲載されているので、今までのメイクにひと工夫するだけで、パッと印象が変えることができます。

正しい肌のお手入れ方法やコスメの選び方など、30代後半の女性が知りたいメイク情報がぎゅっと詰まっています。高いエステやメイクレッスンに行くよりも手軽でためになる1冊! ぜひご一読ください。

 

書籍
38歳からしたいメイク プラス5分で見違えるほどツヤ肌になれる

 

ISBN:9784799107959
定価:本体1,400円+税

 

ご購入はこちら

内容

長谷川京子さん推薦!「佐々木さんは女性の内面の美しさを引き出す唯一無二の存在です」
女優・モデルに大人気、美肌メイクのプロによる、大人のツヤ肌づくりのバイブル

仕事や子育てに追われる忙しい毎日……。なかなか自分をゆっくりケアする時間をとれない30代後半以降。忙しさに比例するように、女性はとくに38歳から肌の変化をより深刻に感じるようになります。
意識していないときに撮られた写真や、地下鉄の窓にうつる自分の疲れた顔にびっくりすることも。
顔のたるみやくすみ、ほうれい線、毛穴、フェイスラインの変化が気になっても、「何をやってもムダ」とあきらめてしまうか、徹底的に肌の粗を隠そうとするか、極端に美容に対する行動が分かれてくる年齢でもあります。
こうした大人ならではの肌悩みを抱える人に対して、メイクアップアーティストとして第一線で活躍する著者が毎日のスキンケアからスタイリッシュに見せるポイントメイク、日常で気をつけたいことなどを徹底的に伝授!
ふだんのケア、メイクにプラス5分するだけで美しいツヤ肌に生まれ変わります。

目次

プロローグ 38歳からは肌の印象が大事
Part1 大人世代のきれいが決まる!10大アイテム
Part2 ちょっとしたテクニックでふだんの顔も美しく
Part3 色を使いこなせば、いつも素敵な自分に
Part4 雰囲気美人に見せる、質感づかい
Part5 大人の肌悩みはメイクの力で解決できる
Part6 メイクの仕上がりを左右するスキンケア


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です